「じゃじゃーん、全部見たよ。レベルが高いと見えちゃーう」
 ゆう子が満面の笑顔で無邪気に言ったのものだから、友哉は、「宇宙人はいたか」と力なく問いかけながら、部屋から出て行った。
「いなかったよー」
と答えるが、すでに友哉もいない。
 友哉がいつもよりも怒っていたことは知っていても、ゆう子は彼が自分から離れないとなぜか自惚れていて、いや、もし離れそうになったら、まさにセックスだけで三年間、繋いでいくつもりでいて、楽観していた。AZを持っているのもその慢心に拍車をかけていた。