彼は目を開けて、ゆう子を見上げた。
 ゆう子がきょとんとしながら、地べた、つまり、アスファルトに膝をついて座ると、
「大女優さんがそんな真似はしなくていいよ」
と彼が笑い、新聞紙の上に胡坐をかいた。
「衝撃の片想いの彼氏がちょっと前にやってきた。彼は惣菜なんか持って来なかったよ。近くの自販機の缶コーヒーさ。これ、いただくね」