「私がここで黙って寝ていることで、私はこの社会に負けるという現実を受け止めたんだ。あなたのように悪人はすべてやっつけようとする行動力も偽善ではなくて、私のように不条理を受け止める人間もきっと偽善ではない。偽善者はきっと、善い事をして己に酔いしれた人間。私を電車の中で取り押さえた男たちでしょうね。有無を言わさずに私の腕を掴み、正義の味方のような顔をしていた。そいつらを駆除すればどうですか」