だが、グレーのシャツは光沢があり、黒い革靴も光っていた。友哉は腕を組み、けだるい表情で二人を見ていた。
「蝉の抜け殻のような人だ。死体がやってきたのかと思ったよ。私もひどい目に遭ってきたが、彼もそうなのでしょう。だけど、彼は言葉が鋭くて、正確だった」
「たぶん、あなたも」