「その時に、目が生気を取り戻して、次に出てくる言葉はとても優しい音色になっていてね。この小切手を握らせて、先に風呂に行けと言うから吉原の高級ソープのことかと思ったら、下町の銭湯を紹介してくれた。笑わせようと思ったのか本気なのか分からない」
「わたしに面白くないって言われたから、ハリウッドの映画でジョークの勉強をしているようです」