「なるほど。けれどジョークが複雑すぎて余計に女性に嫌われるとお伝えください。ロスアンゼルスの事件が本当なら、まさに映画に出てくる諜報員か工作員のような男ですね。だけど、喋るのも辛そうなくらい顔色が悪かった。まるで世界一弱いスパイだ。私は彼からお金をもらった。早く彼氏の所に行ってあげてください」
 ゆう子は大河内に頭を下げて、友哉の所に歩いた。まっすぐ、歩を進めた。