「たまには触ってるし、スカート捲って見てるよ。それ以上は後で怒るから怖いな」
 友哉の言葉に、さらに苛立ったゆう子は、「やれやれ。利恵ちゃんがそんなに好きなのか」と呟いて、しかし気を取り直して、
「利恵ちゃんがいても、わたしと三年間は離れたくないのね。ありがとうございます」
と改めて言った。
「そんな言い方をするなよ。約束をしたのはおまえだし、俺は責任ってやつを気にするタイプだ」
「トキさんに頼まれた責任?」