dots?」
「今、目の前の真実を見ろ。妙な夢と希望は持つな。そんなことを教える約束もした。偉そうにな。これが俺からの教えだ」
「はい。見てきました。妙な夢はあの人に叱られてきた」
 大河内に視線を投じる。彼はゆう子からもらったサンドイッチを嚙締めるようにして食べていた。
「今まで食べたサンドイッチで一番美味しいと言っている」
「聞こえるの?」