ゆう子は、奇妙な性癖もトイレを開けたままにするような素行も、女優らしい演技力で隠すことはできた。しかし、ゆう子はわざと自分のセックスをさらけ出していた。母が言った通り、美貌くらいしか取り柄がないと、男たちはセックスをしただけでいなくなる。佐々木友哉もその予言通りになるかどうか。「本当のわたしを離さないか、どこかの家事ができて、行儀よく座る綺麗な女のところに行ってしまうか」、ゆう子は勝負をしていたのだ。