ゆう子は、愛する友哉が真っ青な顔をしていること、晴香や松本涼子が狙われていることなどを思い出した。
「そうだね。わたしたち、わりと、今日、生きるか死ぬかって関係だった」
「まあ、三年後なら、おまえに魅力があれば黙っていても、誰かが助ける」
「今、何も出来ないのに夢の話ばかりしている人って孤立していくよね。わたしは誰にも相手にされずに死んでいくのかな」
「俺がそつなく助ける」