「そのやる気のなさ。逆に信用できるよ」
 ゆう子が笑った。
「昔、ケンカっぱやいって女によく言われた」
「またか。何人元カノがいるのよ」
「重複してるって。しかもそれが理由でふられてない。逆に惚れられた」
「おや。違う展開」
 ゆう子がまた笑う。友哉が元気になってきている、と分かった。