「あいつは目的が分からない女だった。セックスが大好きだって言ってて、その仕事をしていて、俺ともそんなセックスをやりたがっていたけど、それは恋愛じゃなかった。俺とののセックスもAVの仕事の延長だったんだ。セックスは大好きで、気持ちいいのがやめられなくて、だけど男は信じない。dotsいつか一人ぼっちになっちゃうな」
「心配してるんだ。だめな男ね」
「そうだな。半年くらいの付き合いだったし、抱いた女を皆、心配しているようじゃ、偽善者だ」