「それをやって警察に渡しても、生活安全課の机でお茶して帰されるだけだぞ」
「悔しいdots
 ゆう子は唇を噛んで、少し涙を滲ませた。
dotsAV女優とか痴漢とか。そういえば、俺の夢は実は元カノをセックスの虜にさせることだった。虜ってお互いが無心になることだよ。当時の俺は健康だったし、仕事も順調だった。だから夢を持てる余裕があった」
 友哉の生真面目なカミングアウトは珍しく、ゆう子は息を飲んだ。