けでもない。知識は本から得られるし、この歳でこれ以上の経験はそれほど必要なかった」
「友哉さんが小説を書いている時は彼女は温泉に入っていれば美肌になって、ずっと若くいられるし最高だよね。健康そう」
「極楽だよ。たまに彼女が町に降りて、俺の銀行口座からいろんな振り込みをしてもらって、印税で買い物もしてきてもらうんだ」
「そこは現実的」