「俺が疲れて寝てしまってもdots
 友哉が言葉を詰まらせた。顔色が悪い。
「大丈夫。辛いことは喋らなくていいよ」
「おまえの話も聞かなきゃいけない。寝ている間、ずっと様子を見てないとdots
 また言葉を途切れさせた。