持病が辛い自分を三年間、休ませてくれて、三年後に死ぬ彼と、同じく一緒に死ぬ自分を助けるために彼がいる。その彼、佐々木友哉のために、『回復』というセックスの仕事をする。クスリの副作用から救うために。
「あ、そうか。朝のお世話もしないもんね。するする詐欺」
 ゆう子が茶化すようにして頭を欠いた。恋愛映画にあるような会話が照れ臭いのだ。
「その一円もいらないって彼女dots