「断られるのが怖くて、少しオドオドしながらプロポーズする男の方が、本物だ」
「あ、良かった。ちゃんとフォローがあるんですね」
「俺が今、サングラスをしているのは、君を含め、女の子にまったく興味がないからという含みもある話だ」
「未成年かおばさんがいいんですか」
「い、いや、そうじゃなくてね。あんまり言いたくないが病み上がりだから」
lineなんて口が達者な女なんだ。まったくペースを握れない。
 友哉は彼女に気づかれないように、小さく深呼吸をした。