「わたしのファンじゃなかったみたいですが、そのうち好きになりますよ。そういう運命なんで。きっと律子さんも忘れられます」
 あっけらかんと言い放つ。また、友哉の顔が険しくなった。
「律子のことも知ってるのか」
「怒り出しましたね」
「怒ってない。まっとうな怒りだ」
「怒ってないまっとうな怒り? やだな、作家さんは。その違いは何ですか」
 ゆう子は一呼吸置いてから、
「知ってるに決まってますよ。そこが一番重要じゃないですか」
と言った。