「いや、同じだよ。そんなに変わってないな。顔も考え方もスタイルもdotsと俺が言えば、時間が繋がっていて、奥原ゆう子はずっと同じ時間の中にいる。だが、君が昔のわたしと今のわたしは違う。わたしは生まれ変わったんだ、過去のわたしは別の人間だと主張して、それに俺が同意すると、過去の奥原ゆう子と今の奥原ゆう子は切断されて別の人間になる。すると、奥原ゆう子の時間が途中から存在しなくなる。または新しく時間が始まる。俺と君との間に時間が存在しなくなるか、または俺と君との新しい時間が今から始まるんだ。SFじゃないよ。過去に遡る、つまり過去を気にする生物はそんなにいない。本当は、過去という時間は消えてなくなっていると考えて、勝手に人間である僕らがまた創造しているんだ。君に傷ついた過去があるとして、その傷も含めてね」