「最後にちょっとうっとりしました」
「昔に何かあったのか」
「はい。いろいろdots
「そうか。過去は気にするな。時間は本当は宇宙の始まりから存在するが、人間が神なら脳で勝手に作っていると解釈もできる。無数に存在する君の過去の君と今の君は別人だ。それを目の前にいる俺の脳が決められるんだ。分かるか。時間は人間が創ったとも言えて、このコーヒーには無縁だ」