「有名モデルや人気AV女優さんとかいる高級交際倶楽部ですね。知ってますよ。見ました」
「み、見た?」
 友哉が瞬きを止めるほど目を丸める。
「AVによくあるセックスをAV女優としてたのが少し見えた。変態」
 さして嫌悪感は出しておらず、ただ、呆れ顔にはなっていた。
「二十七歳?」
「はい」
「年上に見えてきたけどdots
「なんて失礼な。先生みたいな男性、初めて見ました。そういう愛人はお金がかかるから、わたしが性欲処理もしますよ。お金持ちの秘書ってそういうイメージがあるしね」