「この方が、片想いの彼氏ですか。頑張ってください」
 無邪気に笑って、会釈をしてから立ち去った。
 line奥原ゆう子か。こいつは驚いた。
 友哉がサングラスの中の目を丸ませた。
 芸能記者は苛立っていたが、ファンの女性たちからは応援されているようだ。友哉はふとそう思うが、片想いの彼が会ったこともない俺のはずはない。しかし、俺が買った指輪はしている。まさかとは思うが、自分を未来人と言ったトキというあの男もこの女優、奥原ゆう子も怪しいと考え、サングラスの中から、しばらく彼女を凝視していた。