「驚きませんね」
 ゆう子は、不思議そうに友哉の顔を覗きこんだ。声も出さない友哉に、「奥原ゆう子ですよー」と手を振りながら笑ってみせた。
「かわいい子でよかった」
 無表情で言うと、ゆう子は舌打ちはせずに、「ちぇ」と言った。
 友哉は本当は驚いたが、今の彼はその感情が長く続かないだけだった。
「他になんて言えばいいんだ」
「もっと感激したり、びっくりしたり、笑ったりしてくださいよ。いちおう、大人気女優のプライドがあるから」
 真顔で言う。