ゆう子が初めて大きな声を出した。ごく当たり前の疑問を投じたのだが、暴言だったとも言える。
lineなんなんだ、この温度差は。俺はこんな美女を拒絶する男じゃないのに。
「仕事、仕事って言うからだよ。まあ、そこにいったん座れ」
 ソファに目をやるが、ゆう子は立ったまま動かない。
「わたしの仕事は、あなたが大好きっていう仕事なんですよ。腹黒い目的でもなんでもいいから、三年間、我慢してください。ずっと一緒にいてくださいよ」