「なるほど、君と結婚しなかったら未来が変わるっていう定番の物語か」
「違うよ。結婚願望はないの。だからずっと死ぬまで傍にいさせて」
「死ぬまで?」
「うん。すぐ死ぬから、そんなに迷惑じゃないから、わたしが死んだ後、別の女と付き合ってよ」
「重い病気でもしてるの?」
「違う。今度、説明するから、死ぬまで一緒にいて」
 友哉が首を傾げるでもなく、顔を俯かせるでもない角度からゆう子を凝視していると、