「どうやって?」
「下手だと思うから、あなたがわたしの頭を押さえて動かしてもいい」
「君なら顔だけでもいけるけど、なのに、いきそうになったらやめるから」
「それは顔だけでいけないってことですよね。やっぱり、女優や女子大生モデルの女は上手いの?」
 ペニスを持ったまま上目遣いで言う。少しメイクを落としているが、それでも美しい女だ。友哉は、目の前の美女に簡単に口説き落とされている気分だった。