人気女優を簡単に抱けるシチュエーションが罠ではないかと疑ってやまないし、破滅願望を顕にして積極的にもなれなかったが、ゆう子が自分の体のどこかに触れると、その迷い、疑いがすっと消える感覚がした。ジーンズを脱がせようとしている彼女の手の指が、太ももや膝に当たると、抱きたくなってきた。
「やりたい女は自分からブラを外して、パンツも脱ぐぞ」
「おっぱいに自信がないから外さない」
「え? 見事なおっぱいだと思うよ」