心底、そう思い、
「一緒に寝ようか。だけど、逆レイプはまた今度にしてくれないか」
 そう微笑んでベッドに入るように促した。ゆう子は急に喜色満面になった。
「言葉遣いが悪いって、皆に注意されてるよ」
「男の子言葉か。まあ、無駄な色気が削がれるからいいんじゃないか」
「やった」