「事件?」
「はい。事件が起こるの。まだ詳しくは言えませんが」
「なんで?」
「友哉さん、ショックで泣いちゃうかも知れないから、もう少し仲良くなってからにします」
 友哉はしばらく首を傾げたまま、体の動きを止めてしまっていた。徐に、顔を上げながら、