「着ている服も一緒か」
「当たり前じゃないですか。持っている物も一緒です」
「普通に怖いって」
「トキさんと練習してある。絶対に平気です」
 そう言い終わらないうちに、勝手に転送されていた。友哉の眼前に突然、バスルームが現れた。着地に失敗して床に腰を強打したが、なぜか痛くなかった。
「自分で歩いて戻ってきて。早くシャワー浴びたいの」