大きな声で言う。声が怒っていた。
「どうぞ。シャワーでもトイレでもどうぞ」
 リビングに戻ってきた友哉は、自分の体に傷や痣が出来ていないか確認しようとソファに座って、シャツを脱いだ。
「やだな。いきなり裸にならないでください」
 上半身の肌を露出させたら、ゆう子が目を逸らしながら言い、バスルームに駆け込んだ。
 ゆう子が開けたままにした旅行鞄の中には、色とりどりの下着やカジュアルな洋服が入っていた。