車椅子の自分の「いろんな世話をしているところも娘に見られたくない」とも言った。
「元々離婚する予定だったでしょ。たくさんの女と浮気をしていたから天罰よ」と吐き捨てたのだ。
「天罰?」
 友哉がびっくりした顔をすると、友哉の足を律子は見た。
「セックスレスの提案は君がしてきて、なのに女を作ったらだめなのか。まさか自分の手でやれ?」
「皆、そうなんじゃないの?」
「ふざけるな。それに今は誰とも付き合っていない」
「あらそう。それも天罰でしょ」