ゆう子はAZの画面を見ながら考えていた。
 わたしが映画の打ち上げのパーティーの席で男たちに襲われる。きっと死ぬのだろう。その時に、自分の近くにいた男の人が一緒に倒れる。それが佐々木友哉だとトキから教えられ、その悲惨な光景の記憶を一部、見せてもらっている。昭和初期の傷ついたフィルムのように見にくいが、佐々木友哉が自分を守るために誰かと戦っているのは明白だった。