ゆう子の持っているAZでガーナラに関する記述を読むかぎり、それがないとごく普通の体力しかない人間だと思われた。
 友哉は、『ササキトキ 佐々木時』と記入し、トキが作った架空の住所と電話番号も記入し、それを受け付けに出した。友哉があらかじめ、その電話番号に電話をかけると、番号は使われていて、だが誰も出なかった。ただ、住所の場所は賃貸マンションだった。大家に訊ねたところ、佐々木時は住んでいることになっていて、だが友哉が見た日には誰かがいる気配はなかった。