ゆう子はそう考えていた。意図的に、ここまでの映像にしてあるのかもしれないが、その内容からも自分が死んだと考えるのが妥当だった。

 新宿のマンションとは別に持っている郊外のアパート。
 ゆう子はその部屋で、悪い酒でも飲んだような顔つきで、座布団に正座をして座っていた。