動画のようには動かないが、分刻みで画面を変えると、友哉と女が一緒に歩いているのが分かる。ワルシャワのテロリストたちの動きはエラーが出てどうにもならなかったが、自分が体験した事件の記憶は鮮明だから、データが豊富だった。
「車椅子はなくなっているとはいえ、足が悪いのにハーレムだ。わたしはこっちにいるのに」
 来賓席とは違うテーブルの一角に、自分が座っていて、友哉のテーブル席には、空席もあったが、近くの席の女は二人。そのうちの一人が宮脇という銀行員。