「若い女の子なら万が一の時に役に立つんだろ」
「四十歳ほどの熟女は嫌なのか」
「彼女がずっと俺をジロジロ見ていた」
「もてますねえ。それに今の光は何よ」
「知らない。トキが、困った時、女を口説くために頭全体に向けて、光を放てって言ってた」
「へえ。トキさんがそんな悪いことを言うの?」