自らを嗤うと、桜井を囲んで立っていた部下たちがざわつく。
「え? なに自分で言っちゃってんの?」
 ゆう子が叫んだ。
 さらに友哉の手にはいつのまにか拳銃が握られていて、彼らはそれにまた驚いた。銃口はまっすぐ桜井の胸に向かっていて、その距離も一メートルほどだ。
「誰なんだ、あんた。こんなことをして、ただで済むと思っているのか」
 思わず後退りをした桜井の声は震えていた。部下たちは硬直し、動けなかった。
ゆう子が、