桜井真一を睨みながら、ゆう子に伝えた。
「四人のうちの誰かが異常に怒ったのね。位置情報を入力してなかった。介護だからってサボり過ぎです。すみません。すぐに転送の準備をします。間に合わなかったら、自分ではっきりと想像できる場所に移動してください。下に置いたポルシェの座席とか」
 友哉は、ゆう子の指示を聞きながら、桜井真一に話を続けていた。