「じゃあ、おまえは誰だ」
「ササキトキの友達だ。テロリストをやっつけてくれたお礼の寄付金をササキトキとジェイソン氏から受け取った。だから非課税にしてもらいたい」
「なに言ってんだ、おまえ。この世の幸せと成功を独り占めしたような面で」
 桜井が手を上げている拳を握って、その手を震わせた。
「幸せにはなっていないが、テロリストを殺したのは世界レベルの大成功だ。分かるか、蛙の顔をした刑事さん。おい、狸の置物!」