「名前を覚えるのが苦手でね。狸の置物、あんた、通報したね。俺のお金を俺が自由に引き出せるように、その口座を開放したままにしておけ。ササキトキ名義のカードでの引き出しを無制限に。本当は痛い目にあわせるところだが、口止め料として五億円差し上げますよ。蛙の顔をした公安のあんたには三億円。部下には一人、一億円。どうですか。それですべて見なかったことに」
 富澤がさかんに頷いた。殺されるどころか逆に五億円をもらえるなら、誰でも了解する。桜井が、