まさにクスリや催眠術を使った恋ではないか。
 友哉は、もしそうだったらそれはまるでレイプだと、急に血の気が引くような感覚に苛まれた。
 一緒にいた十日間のストレスも、また違うストレスだった。ようやく女優、奥原ゆう子に慣れてきたセックスは楽しくて、そう、まさにときめいたのに、なのに、秘書なのかセフレなのか彼女なのか、二日毎に自分たちの関係を勝手に変え、すぐにリセットしてまた元に戻す。そんな彼女にストレスを感じた。