彼女も一人っ子だった。少子化は深刻だと、友哉は苦笑いをした。
「君に頼みがあるんだ。まず、僕と友達になったことを同僚の人たちに喋ってほしい。それから、僕がある女性と噂になった時に、その女性とはなんの関係もないことを証明するために、僕とデートをしてほしい。大人の恋をしよう」
 そんなことを喋りながら、友哉は彼女を見ながらなんとなく、首を傾げた。
line妙に親近感が沸く女だな。すらすら口説き文句が出てしまう。