だが、「奥原」ではなく、「ゆう子」と呼ぶようにしたら、涙を滲ませるほど喜び、喜怒哀楽がはっきりした性格に戸惑いながらも、美しい彼女に「愛される」予感がして、心を震わせていた。
lineゆう子はどこか魅力的な女らしさがある。
 君は俗ではない、と彼女に言ったが、まさにどこにも凡庸な様子がなく、奇妙な言葉遣いもジョークも良い個性に思えた。友哉は急にときめく感覚を持った。いい歳をして、初恋の人