lineゆう子に出会った時よりも動揺してしまっている。なんなんだ、俺は。dotsいや、この女の子は。そう、まるで、
dotsずっと以前から知っているみたいだ。
「よかった。変なことを言っちゃったのかと思った」
 彼女は喜色満面になって、連絡先を名刺の裏に書いた。そして、彼女も、
「どこかで会ったことがありますか」
と訊いてきた。友哉がびっくりして答えないでいると、