「今、この時間が夢の中のようだ。三年たったら、俺はまったく違う人間に変わっているかも知れない」
 急に目が死んでしまう。利恵は「また陽炎になった」と思った。友哉は自分の両足を愛でるように擦っていた。辛そうだが、彼は「辛い」とは泣かない。
lineちょっとしたことで膝の上や胸の中で泣かせてほしいって男がいたけど、このひとは違う。そう、泣いたのは見たことがない。