わたしの未来を予見した言葉か。確かにこの会話からもそう想像できてしまう。寝取りをしていて、嫌なことがあったら、あなたがやらせていたって文句を言う女になりそうだ。この男、もう経験済みなんだ。文句ばかり言う女、嘘を吐く女、約束を守らない女dots。ゆう子さんが言ってたっけ。母親からずっとそんな女たちに囲まれてきたって。ゆう子さんはそれを悲観できる女だから、違うのだろう。すべての約束を守る自信があるのだ。本当に片想いでも、片想いを続けるつもりか。