友哉は言葉を失っていた。彼はベッドに横たわる友哉と同じ目線に身を置きたいのか、頭を深く下げた。それを見て、動かなくなった足が震えたような錯覚で、全身に鳥肌が立った。
『申し訳ありません。dotsなぜ、こんなことになったのか。あいつが何を考えているのか。私はなんと言ってお詫びしたらいいのかdots