持続するエクスタシーを得たかったようで、それがすむと友哉から崩れるようにして離れた。
「気持ちいい。最高dots
 呼吸を荒くしていたが、すぐにその息を整え、また友哉の腰に顔を寄せた。ゆう子のような慌ただしさはなく、優雅に次の準備に入っている。
「セックスの時にキスをしないのは?」
 元彼に奇妙な愛撫のやり方を仕込まれた女とは真逆の、当たり前の愛撫が抜け落ちたセックス。友哉は根掘り葉掘り訊くつもりはなかったが、そこだけが気になり、気分が良さそうな利恵に、思い切って訊いてみると、