友哉が困った表情を見せるが、利恵はそれに気づかず、小さなバーボンのボトルを抱くようにして、ナイトテーブルから取ると、珍しくラッパ飲みをする。
「どうした? ゆう子みたいだ」
「ゆう子さんの名前は出さない」
「すまん」
 また、一気に飲んだ。胸が焼けたのか、喉の下を擦った。